活動報告 - 最新エントリー


◆句会は原則として毎月第2土曜日の午後1時から3時40分まで、主として久我山会館・高井戸地域区民センター等で開催しております。(出席者は10名程度)一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。今回も新しい方の投句がありました。
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。


◆毎回、その月の作品を紹介いたします。俵木陶光選。
    

・12月の作品の紹介
・12月の兼題は、「百合鷗・都鳥」・当季雑詠で計3句です。




俵木 陶光

・秋風やベンチの上の紙コップ


岡村 一道
・鴨供に白鳥ボート水戸の湖
(うみ)

芳村 翡翠

・いつしかに忍びよる齢
(とし)秋の暮れ

峯岸 まこと
 
・望の月さざ波煌めく近江の海

安西 円覚
 ・揺るる葉と共に揺るるや赤とんぼ

片山 朝陽 
・神の留守大うそを一つついてみる

長岡 帰山 
・秋刀魚焼く五臓六腑を煙らせて

中邑 雅子
 
・散策の終はりししるし草じらみ

小林 美絵子
・酒々(ささ)蔵の一本柱菊日和

坂井 百合子
・ひよどりの声吸い込みて空青し

五井 夢
 
・万葉(ばんよう)に白光照り映え秋駆ける

浦田 久
 
・秋冷や肩すぼめ見る温度計


堀 秀堂
 
・陸蒸気唱歌のリズム秋駆ける


関口 静安

・鮮やかや見渡す山と柿落葉


山下 天真

・一椀の茸に森のけはひかな


村林 小枝子

・秋深く部屋に戻せし鉢の列


寺崎 由岐子
 
・ながれゆく秋の夕暮あかね雲
                                 
                                    
◆<武蔵国分寺 吟行記>
 安西 円覚

 雲一つない良い天気の冬の吟行会は、10時30分、西国分寺駅からスタートし、20分ほど歩き先ず立ち寄ったのは国分寺薬師堂だった。武蔵国分寺の創建は天平勝宝2年(750年)頃と言われていますが、元弘3年(1333年)「分倍河原の戦い」で焼失した。
翌々年、新田義貞により薬師堂が再建され、安永4年(1775年)、現在の場所に建て替えられた。安置する薬師如来坐像は国の重要文化財である。
     鵯(ひよどり)の鳴き交わしゐる薬師堂  陶光
仁王門は宝暦10年(1760年)頃の建立。仁王門には、何故かミツバチの巣が有り十匹以上飛びまわっていた。
     仁王像冬みつばちと戯れり    百合子
     蜜蜂にしたはれをりし仁王門   陶光
     小六月何を睨むか阿吽象     円覚
     冬日漏れ石段下る薬師堂     一道
武蔵国分寺跡資料館で、依頼していたボランティアのガイド2名と落ち合う。出土品や当時(750年頃)の人々の生活ぶりの解説を聞く。出土品の中に何種類かの瓦(重そうな)が幾つも展示されていた。漆も頻繁に使われていたようだ。
     天平の香り漂ふ秋日かな     朝陽
国分寺崖線の下から流れ出た湧水を見ながら万葉植物園に入る。万葉集に歌われた160種の植物が例歌とともに展示されている。
     湧水や落葉流せり武蔵国     天真
     万葉園枯木枯草和歌詠みぬ    一道
そこより2〜3分で武蔵国分寺跡 金堂・七重塔跡に着く。741年、聖武天皇は鎮護国家を祈念して、諸国に国分寺を建立するように命じた。武蔵国分寺跡と関連する遺跡は、東西1.5km、南北1kmに及び、諸国の国分寺跡と比べ規模が大きく、歴史的にも重要なことから大正11年に国史跡に指定された。
     七重塔鎮護台地の秋の草     秀堂
     天平の礎石に座して小春かな   百合子
ガイドの丁寧な解説により、天平の国分寺跡がより現代に蘇ってくる錯覚に皆陥ったようでした。
     けやき落葉天空に舞ふ国分寺   陶光
約2時間余りの散策の後、句会場の駅前の「いずみホール」へ戻り日暮れの5時まで句会を行った。その後、荻窪駅前の一軒に立寄り反省会となった。



◆次回の定例句会は、12月10日(土)午後1時〜3時40分
               於 高井戸地域区民センター   
 兼題は「都鳥(百合鴎」・当季雑詠で計3句です。

                                     ◆句会についてのお問い合わせ先: 安西 光昭(円覚)まで
                 TEL 090-3145-2654

◆文責・俳句同好会会長 俵木 敏光(陶光)
                                    

                                                                   
今年も「すぎなみフェスタ2016」(主催:すぎなみフェスタ実行委員会、共催:杉並区/杉並区教育委員会)が11月5日(土)〜6日(日)の2日間に渡り盛大に開催され、当支部もテント出展を行いました。
両日で約10万4千人の来場者があり、大いに賑わいました。
詳細> http://www.sugi-chiiki.com/sugifes/

当支部では、地域貢献活動として会員による無料の「法律・税務相談コーナー」の開設を始め、PR活動として支部活動・大学・中大杉並高校の資料の配布を行い、あわせて新規会員の募集も行いました。

今回は1名の新規入会があり、その他にも多くの学員の訪問をいただきました。

ありがとうございました。



(会員増強委員会)
--
2016年10月23日 晴天に恵まれた日曜日、第25回中央大学ホームカミングデーに参加して来ました。


10:00〜16:00 の開催時間の内、杉並区支部では11:00〜13:00をコアタイムとし、
集った皆でテーブルを囲み、杯を分かち合いました。


また来年お会いしましょう。


(事業委員会)
--

杉並クリーン大作戦 (H28/10/16)

カテゴリ : 
支部の行事
執筆 : 
m-anzai 2016-10-25 21:18
今年も「杉並・わがまちクリーン大作戦」と銘打った地域清掃活動を当支部で実施しました。
10月16日(日)午前10時30分 阿佐ヶ谷駅北口集合
早稲田通りより杉並区役所までの中杉通り歩道を支部会員8名が可燃ゴミ、不燃ゴミに分け、約1時間半収集活動をしました。10月中旬でも清掃活動をしていると皆、汗だくになるほどでした。終了後、皆で慰労会を開きました。



(ボランティア委員会)
--

◆句会は原則として毎月第2土曜日の午後1時から3時40分まで、主として久我山会館・高井戸地域区民センター等で開催しております。(出席者は10名程度)一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。今回も新しい方の投句がありました。
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。


◆毎回、その月の作品を紹介いたします。俵木陶光選。
    

・10月の作品の紹介
・10月の兼題は、「秋の風」・当季雑詠で計3句です。




俵木 陶光

・誰もいない象のステージ秋の風


岡村 一道
・走り蕎麦老舗といへど音高く

芳村 翡翠
・男ゐて一人は無口秋の風

片山 朝陽 
・秋風や阿修羅の瞳いよよ澄み

安西 円覚
 ・万葉を風が捲(めく) るや居待月

峯岸 まこと
 
・観音のゆびおとがひに秋の風

長岡 帰山 
・思はざる山よりぬっと望の月

中邑 雅子
 
・秋立つや新規講座の通知来る

小林 美絵子
・秋風にふかっと含む薄茶かな

坂井 百合子
・模様替えしてみたくなる秋の風

五井 夢
 
・やせ烏濡れ羽青き吾秋の風

浦田 久
 
・棚田にも煙たなびく秋の風


堀 秀堂
 
・秋の風戦国時代の城巡り


関口 静安

・秋風に乗って飛べ飛べグライダー


山下 天真

・晴ればれと検査結果や秋の風


村林 小枝子

・還暦の空手一筋柿実る


寺崎 由岐子
 
・縁の下淋しくないかこおろぎよ

  
                                   
                                    
◆<私の一句>

 雨を呼ぶ投込寺の濃紫陽花 
    俵木 陶光 

 新宿の靖国通りに面した所に成覚寺という古い寺がある。創建は文禄三年(1594年)で、まだ片田舎の寺に過ぎなかった。慶長八年(1603年)徳川の世になると江戸が天下の中心となり、住人も増えて来た。また江戸五街道の内、甲州街道の第一番目の宿場が下高井戸辺でかなり江戸の中心部より遠かった。また下級武士達が浅草、吉原に出かけて行くのも大変であったことに目をつけた浅草辺の商人達がこの辺に遊郭など建てたら一儲できると踏んで、幕府の上層部に大枚の賄賂を積み新しい宿場(内藤新宿)を設けることを実現させた。
 それから遊郭や宿が建ちはじめ、遊女や非公認の飯(めし)盛女が増えて来た。身売されて来た彼女達の停年?は27才。酷使され、それ以前に亡くなると、着ている衣服も剥がされ筵(むしろ)などに包まれてこの成覚寺に担ぎ込まれて来た。長年に亘りその数2千人ともそれ以上とも。
 この寺は道路から石段を下りた所に本堂や墓地があり、如何にも投込寺と言った感じだ。その一角に「子供合埋(ごうまい)碑」と彫られた墓碑が立っている。子供とは飯盛女のことで、雇主と親子の関係にさせられたのである。この石碑も明治に近くなってから建てることになった。
 成覚寺の隣り正受院という寺があり、奪衣婆(だつえば)が祀ってある。三途の川を渡る者の衣服を剥ぎとる婆であるが、咳止めの霊力があるということから大ブレークした不思議な寺。
 これらの寺の裏側に回ると大きな太宗寺があり内藤家の菩提寺となっている。新宿御苑は内藤家の下屋敷があった所で、明治になると新政府に帰属し、第二次世界大戦の空襲で建物などは焼失し、現在は大名庭苑として玉藻池といくつかの石灯籠だけがその面影を止めている。
      紫陽花の雨を貰ひし玉藻池  陶光

                                                                                                                                                                                                                                          

 ◆次回は、吟行と定例句会を行います。
・吟 行: 11月12日(土)午前10時30分 
      JR西国分寺駅改札口 集合
      <史跡武蔵国分寺跡を散策>

・定例句会:同日午後1時30分より午後5時頃まで
      西国分寺駅南口前「いずみホール和室」にて     
      定例句会兼題は
      「秋(後半期を中心に)」・当季雑詠で計3句
 兼題は11月5日(土)までに郵送して下さい。(陶光宛)
 

◆句会についてのお問い合わせ先: 安西 光昭(円覚)まで
                 TEL 090-3145-2654

◆文責・俳句同好会会長 俵木 敏光(陶光)
メインメニュー
最新の活動報告
活動報告のカテゴリ一覧
リンク