今後の活動予定 - 最新エントリー

支部会員各位

2022年1月2日(日)、3日(月)に開催される箱根駅伝の本戦に中大陸上競技部も参加します。
箱根駅伝に詳しい中大関係者が、テレビ中継と同時並行で中大選手に特化した解説を行い、テレビ中継を見ながら補助ツールとして視聴していただく、オンライン応援企画が試験的に実施(トライアル)されることになりました。
本企画は、在学生、中央大学学員会会員、中央大学父母連絡会会員及び教職員を対象としています。
視聴には、事前申し込み(12月28日締切、申込先着1,000名まで)が必要となります。
また、パソコン、スマートフォンなどのインターネット環境が必要となります。
詳細は、案内書面
オンライン応援企画(トライアル)開催について
をご覧ください。

支部長 峯岸誠
代筆 インターネット委員会

謹賀新年

カテゴリ : 
京王・井の頭沿線地区会
執筆 : 
t-ihara 2021-1-1 9:00
旧年中は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願い申し上げます。

皆様には新しい年をどのようにお迎えになりましたでしょうか。
昨年は新型コロナウィルス感染症に始まり、その収束も待たないまま年を越してしまいました。
予定されていた支部の行事も、役員会も大半が出来なくなり、当地区会のお花見会、バラ園散策、総会の代わる紅葉狩りなど一連の行事も、ことごとく中止または延期に追い込まれました。

今年はどのようになるか まだ分かりませんが、新しい生活様式のなかに、これまでとは異なった会員の交流、絆づくりが始まる年になるかもしれません。

今年一年も皆様がお元気で、ご一緒に会員の輪をつくり広げながら、和やかな日常でありたいと、役員一同思っております。

今年もよろしくお願い申し上げます。

   学員会杉並区支部 京王・井の頭沿線地区会 役員一同

--

あけましておめでとうございます

カテゴリ : 
支部の行事
執筆 : 
m-minegishi 2021-1-1 7:00
会員各位

 お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年来、新型コロナウイルスの感染防止の観点から学員会杉並区支部のほぼすべての活動は休止状態にあります。前代未聞の出来事と言えましょう。
 杉並区支部に取りましては、支部創立25周年という節目の年でもありました。しかし、総会も書面審議にせざるを得ず大変残念でした。

 今後の展望も全く立たない状況です。しばらくは事態の推移を見守り、終息後に元気でお会いできますことをひたすら祈念いたします。

 どうぞご自愛くださり、学員会杉並区支部につきましてご支援、ご協力をお願いいたします。

       支部長  峯岸 誠

--
 
支部会員の皆様

 毎年全国から中央大学の学員(卒業生)ならびに関係者が集まり、中央大学のキャンバス内で行われている「中央大学ホームカミングデー」ですが、これまで当支部からも多くの会員が参加し、東京杉並区支部の旗を立てるともに全国の学員たちとの懇親を深めて参りました。

 ところで、今般の新型コロナウイルス感染症拡大は依然として油断のできない状況が続いており、今年度10月4日(日)多摩キャンパスでの開催が予定されていた第29回は中止するとの連絡が入りました。
 >詳細はこちらをご覧ください。

 つきましては、誠に残念ではございますが、当支部からの参加も今年は見合わせることとなりますので、ご連絡申し上げます。

  事業委員会 jigyou@suginami-hakumonkai.net

--

支部長所信:当面の支部活動について

カテゴリ : 
支部の行事
執筆 : 
t-ihara 2020-6-27 12:30
(開催中止となり書面表決となりました今年度定期総会において、峯岸誠・支部長が述べる予定としておりました所信を、以下に要約して掲載いたします。)

【2019年度を振り返って】
1)計画した事業は、会員の理解と協力の下でほぼ順調に推移した。
2)支部旅行会は、新型コロナウイルスの蔓延もあり、中止したことは妥当だった。 総会懇親会および(学術講演会後の)忘年懇親会の他に、全会員を対象とした企画が必要である。
3)担い手不足が課題となっている地区会の在り方について、検討する旨の総務委員長の提案(2020年2月幹事会)を受けたが、審議が始まらなかった。
4)会員の加入促進は、勧誘する対象を集約することにより、ある程度の成果を得た。学員会費納入者(本部へ)のうち昭和52年卒〜昭和61年卒の253名に対して 2回 入会案内を送付し、8名の支部入会者を得た。
5)中央大学杉並高等学校との連携については、新型コロナウイルス対応の状況により、今後話し合いの場を設ける。

【2020年度に向けて】
1)新型コロナウイルスの蔓延への対応に配慮した企画と運営を行う。
2)会員の加入促進と退会の防止
‖仂櫃鮠播晴修靴寝弾促進を今年も継続する。
退会者の増加を防ぐために
退会理由の多くは、高齢である、活動に参加できないが多数である。しかし、同窓会は組織に加入することが第一義であり、支部会員であることが即ち、活動への参加であることをご理解頂き、末永く会員として在籍して頂くよう働きかける。
3)地区会の在り方について方向性を示す。
4)学校法人中央大学及び中央大学学員会の役職等の推薦の基準等を公開し透明性を高める。
 なお、令和2年7月1日〜令和5年6月30日を任期とする学員会協議員として下記を推薦した。1号協議員は支部割り当て、3号協議員は寄付状況が条件である。
 1号協議員(定数3) 長田茂 土屋隆一 増田裕一
 3号協議員(3名以内)竹村悦子
5)ホームページの更新を積極的に行う。

  総務委員会 soumu@suginami-hakumonkai.net

--
メインメニュー
リンク