• カテゴリ 京王・井の頭沿線地区会 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

活動報告 - 京王・井の頭沿線地区会カテゴリのエントリ

京王・井の頭沿線地区会では、平成27年9月19日午後4時から杉並区永福和泉地域区民センター3階の集会室で、第13回地区総会を開催しました。































【第1部】 総会では、まず斉藤大十・地区会長が挨拶に立ち、この1年を振り返りました。
続く議事では、昨27年度地区会活動報告、同会計報告、今28年度地区会活動計画案、同予算案がそれぞれ承認されました。

【第2部】 ミニ講話では、内藤一郎氏(昭26法)が『少年非行について』という演題で語っていただきました。氏からは、永年の裁判所勤務からその後の自治会・地域福祉活動に至る中で取り組んでこられた青少年問題について、専門の法学的観点から、また実地に取り組んで来られた経験から、深いお話を伺うことが出来ました。

【第3部】 いよいよ懇親会は、会場をつり舟割烹「三河屋」に移して行われました。
地域・近隣の会員たちが、膝を交え、杯を交わし語り合う、これが地区会の醍醐味です。時が経つのも忘れ、秋の夜が深まって行きました。



京王・井の頭沿線地区会では、3月26日(土)11時から、神代植物公園にて、恒例のお花見会を開催しました。
当日の参加者は、3歳から89歳までの20名でした。

今年の桜の開花日は21日と、例年より早めでしたが、その後寒い日が続き桜も足踏み。当日の花は2〜3分咲で、午前中は肌寒さを感じましたが、昼ごろから陽も射し暖かくなり、いつものように「話の花」は満開になりました。

参加者の最高齢・内藤さんからは小学生の頃226事件に遭遇した話、浦田さんからは広島で原爆に被災した時の話しなど、歴史の体験談が出たかと思えば、現役学生4名からは今時の話など、時代も年齢も越えた交流が図られました。

岩崎さんはお得意のギター演奏で、皆の歌をリードし、そして最後は円陣になって校歌を歌い、次回の再会を約して解散となりました。






--
京王・井の頭沿線地区会の第12回地区総会が、平成27年9月19日午後4時から杉並区永福和泉地域区民センター3階の集会室で開催されました。




【第1部】 総会では、年度の物故者に黙祷を捧げた後、斉藤大十・地区会長が挨拶に立ちこの1年を振り返りました。
続く議事では、昨26年度活動報告、会計報告、今27年度活動案、予算案がそれぞれ承認され、また今年度は役員改選時期にあたりますが、引き続き、
 地区会長  斉藤大十氏
 地区副会長 坂口栄一氏
 幹事・事務局長 権守隆男氏(昭53法)
 幹事・事務局 井原太一氏(昭55理)
の体制で臨むことが承認されました。

【第2部】 ミニ講話では、権守隆男氏(昭53法)が『シャーロック・ホームズの研究』という演題で、日ごろの研究成果を参加者にわかりやすく語りました。




【第3部】 いよいよ懇親会は、会場をつり舟割烹「三河屋」に移して行われました。
地域・近隣の会員たちが、膝を交え、杯を交わし語り合う、これが地区会の醍醐味です。時が経つのも忘れ、秋の夜が深まって行きました。

--
京王・井の頭沿線地区会では、平成27年(2015)年3月28日神代植物公園にて、第8回お花見会を行いました。


参加は17名。地区会員のほか、その家族、中大混声合唱部の現役学生など、3歳から80歳くらいまでが和気あいあいと集まりました。
昨年に続き、会場を神代植物公園に移しての2回目の開催。
当日は3分咲き程度でまだ満開には至りませんでしたが、天気は良く、芝生に座を広げての花見にはもってこいの日和となりました。
皆様のご活躍のご様子や近況に話の花が大いに賑わい、交友をさらに深めることが出来ました。
ギターで歌を歌ったり、混声合唱部の学生による歌に聴き入り、校歌でしめくくるひとときでした。


 去る、平成26年9月20日(土)午後4時より、京王・井の頭沿線地区会の総会を開催し、14名が参加しました。
斉藤大十・地区会長の挨拶の後早速議事に入り、平成25年度の地区会活動報告および決算報告、平成26年度の活動計画および予算案がそれぞれ承認されました。
 25年度活動の特長としては、これまで大宮公園および鮨店で実施されていた3月の花見会を、神代植物公園に会場を移し、芝生にシートを敷いて屋外で弁当を囲むというスタイルに変えたことが挙げられます。
 また26年度は、これまで高井戸の料理屋でいっしょに行っていた総会・ミニ講話・懇意会を、総会・ミニ講話は集会室で、懇親会は会場を移して料理屋で行う、というスタイルに変えたことが挙げられます。


[左:挨拶に立つ斉藤大十・地区会長、  右:ミニ講話 松本彦氏]

 総会の後は、つづけて約1時間にわたりミニ講話を行いました。
今回は「日台関係について」と題して、当地区会会員で、日台スポーツ・文化推進協会理事長である松本彦(あやひこ)氏からお話を伺いました。
氏は、自民党在職時代から長年台湾と関係を持ち、1972年の日中国交正常化、日台断交の際には、椎名(悦三郎)特使ミッション訪台に深くかかわった経緯もあり、日本と台湾との歴史的な関係について、種々お話をいただきました。

 ミニ講話の後は、会場を歩いて2分の永福町・つり舟割烹「三河屋」に移して、懇親会を行いました。
與川幸男・前支部幹事長の乾杯の音頭で、新鮮な魚料理と酒に、そして何よりも懇親の肴を楽しみながら、あっという間の時間を過ごしました。
 最後は、校歌と応援歌を歌い、再会を約してそれぞれ帰路に着きました。




---------------------
地区会は支部内を地理的に細分化した分科会です。
当地区会は、井の頭線・京王線沿線にお住まいの会員を中心に、より身近で地域に密着した会員の相互交流と懇親とを図っています。是非ご参加ください。
なお、白門会(中央大学学員会)東京杉並区支部では、当地区会の他に現在「荻窪」「西荻・西武沿線」「高円寺・阿佐ヶ谷」の各地区会がそれぞれ活動をしています。

--
メインメニュー
最新の活動報告
活動報告のカテゴリ一覧
リンク