• カテゴリ 俳句同好会 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

活動報告 - 俳句同好会カテゴリのエントリ



◆句会は原則として毎月第2土曜日の午後1時から3時40分まで、主として・高井戸地域区民センターで開催しております。(出席者は10名程度)
一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。 
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。

◆毎回、その月の作品を紹介いたします。
    
・2月の作品の紹介

・2月の兼題は、「立春」・「当季雑詠」で4句です。
                 出題:安西 円覚


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


・立春の米こぼれおり葛西橋   石田 波郷  
・立春の鳶しばし在り殿づくり  阿波野青畝
・立春や月の兎は耳たてて    星野 椿
・立春のレンズで点す煙草の火  原子 公平  
・立春や野に立つ棒を水つたひ  中村 苑子
・立春の雪白無垢の藁家かな   川端 茅舎
・さざ波は立春の譜をひろげたり 渡辺 水巴

    
                                                                  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



岡村 一道

・鬼退散だーれも居ない節分夜


芳村 翡翠

・立春の光を浴びて卒業す「


安西 円覚

・立春にいつもの席の焼鳥屋


堀 秀堂

・立春や再起をかける輪島人


中邑 雅子

・美容室へ髪切る予約春立つ日

小林 美絵子
鏡のかけら春光に拾われて

坂井 百合子

・瞼閉じ光の春を感じをり

山路 久美子

・夕日背に吾がシュプールの刻みけり

吉野 かおる

・立春や街に溢れし旅行客


荻須 節子

・立春や味噌汁の香のひろごれり


森 美奈子
曇天をほのかに照らし黄蠟梅

高橋 洋子
冬木の芽路地に広がる笑い声

関口 静安
立春の夢に浮かぶは熱海の夜


◆次回の定例句会は、3月9日(土)13時〜15時40分
               於 高井戸地域区民センター

  兼題は、「桜全般」・「当季雑詠」で4句提出

◆句会についてのお問い合わせ先: 安西 光昭(円覚)まで
                 TEL 090-3145-2654


◆句会は原則として毎月第2土曜日の午後1時から3時40分まで、主として・高井戸地域区民センターで開催しております。(出席者は10名程度)
一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。 
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。

◆毎回、その月の作品を紹介いたします。
    
・1月の作品の紹介

・1月の兼題は、「正月一切」・「当季雑詠」で4句です。
                 出題:安西 円覚


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


・古きよき言の葉をもて年迎ふ  富安 風生  
・正月の白波を見て老夫婦    桂 信子
・金色のものの減りたる五日かな 櫂 未知子
・林中にわが泉あり初茜     小澤 實  
・鏡餅昔電話は玄関に      小川 軽舟
・天守なき城の空より初鼓    川崎 展宏
・わかくさのいろも添へたり切山椒  久保田 万太郎

    
                                                                  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



岡村 一道

・賽の目の豆腐のごとき雑煮餅


芳村 翡翠

・正月や二度寝の昼の風のこゑ


安西 円覚

・淑気満つオールバックの髪型に


堀 秀堂

・七草粥胃袋一つ疲れとる


中邑 雅子

・御降りや見慣れし山のやはら



坂井 百合子

・帰り来し次男無口や去年今年


山路 久美子

・今日の日の有るありがたさやお正月


吉野 かおる

・テロップの地震速報都市明くる


荻須 節子

・雛僧の朝に汲む水淑気満つ


森 美奈子
立ち食いも行列になり晦日蕎麦

高橋 洋子
ランドセル声ごと揺らし新学期

関口 静安
老人ホーム優し正月囲まれて


◆次回の定例句会は、1月13日(土)13時〜15時40分
               於 高井戸地域区民センター

  兼題は、「正月一切」・「当季雑詠」で4句提出

◆句会についてのお問い合わせ先: 安西 光昭(円覚)まで
                 TEL 090-3145-2654


◆句会は原則として毎月第2土曜日の午後1時から3時40分まで、主として・高井戸地域区民センターで開催しております。(出席者は10名程度)
一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。 
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。

◆毎回、その月の作品を紹介いたします。
    
・12月の作品の紹介

・12月の兼題は、「神の留守」・「当季雑詠」で4句です。
                 出題:安西 円覚


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


・藪原に風こもるなり神の留守  橋本 鶏二  
・神の留守立山雪をつけにけり  前田 普羅
・神留守の素焼の肌のうすじめり 辻 美奈子
・鳩に餌を撒いて帰りぬ留守詣  柏原 眠雨
・二の節を指輪通らず神の留守  小檜山繁子
・箒目のおろそかならず神の留守 松田 美子
・国道を竹曳いてゆく神の留守  岸野 曜二

    
                                                                  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



岡村 一道

・金継ぎの曲線光る冬日かな


芳村 翡翠

・峯の神旅立ちたまふ雲ならむ


安西 円覚

・暁に鶏夕に山羊鳴く神の留守


堀 秀堂

・神の留守祝詞変わらぬ地鎮式


中邑 雅子

・風に揺れ絵馬の声する神の留守


小林 美絵子

・俯瞰して見つめる街や神の留守


坂井 百合子

・時雨止み錦の山の吐息かな


山路 久美子

・潮騒ひと人声聞こゆ神の留守


吉野 かおる

・表札は取り外されし神の留守


荻須 節子

・緑青の吹いた硬貨や神の留守


森 美奈子
境内の不夜城ごとく酉の市
 
五井 夢
神の留守突如華咲く枯尾花

高橋 洋子
湯たんぽに足乗せて打つスマホかな

関口 静安
テレビにて神楽を眺め大和魂


◆次回の定例句会は、1月13日(土)13時〜15時40分
               於 高井戸地域区民センター

  兼題は、「正月一切」・「当季雑詠」で4句提出

◆句会についてのお問い合わせ先: 安西 光昭(円覚)まで
                 TEL 090-3145-2654


◆句会は原則として毎月第2土曜日の午後1時から3時40分まで、主として・高井戸地域区民センターで開催しております。(出席者は10名程度)
一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。 
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。

◆毎回、その月の作品を紹介いたします。
    
・10月の作品の紹介

・10月の兼題は、「猪」・「当季雑詠」で4句です。
                 出題:安西 円覚


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


・夜の瀬音猪の声もあるかな     金子 兜太  
・猪の腸(はらわた)あらふ瀬波かな 飯島 晴子
・吊るされて地面に近き猪の鼻    森田 智子
・内臓(わた)ぬかれたる猪のなほ重し 津田 清子   
・一目見て猪の荒せし跡と言ふ    伊東 肇
・万葉の山へ地つづき獅子の道    武澤 林子
・どろんこの猪逃げてゆきにけり   茨木 和生

    
                                                                  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



岡村 一道

・猪の目玉が光る露天風呂


芳村 翡翠

・大山へ地つづき辿る猪の道


安西 円覚

・猪死して牙を残すやネックレス


堀 秀堂

・猪鍋の鶴巻温泉山の幸


中邑 雅子

・大書せる猪肉入荷角の店


坂井 百合子

・猪の訪れありと父メール


小林 美絵子

・園庭を走るうり坊と人の子と


山路 久美子

・看板のいのしし注意木々騒ぐ


吉野 かおる

・足速し転校生や運動会


荻須 節子

・うりぼうの花子丸々山の宿


森 美奈子

・猪の親子連れ立ち家路まで

 
五井 夢
・猪突猛進自治会嵐あれがとぶ


高橋 洋子
車庫脇の塀に躓きそぞろ寒


◆次回の定例句会は、11月11日(土)13時〜15時40分
               於 高井戸地域区民センター

  兼題は、「焼芋」・「当季雑詠」で4句提出

◆句会についてのお問い合わせ先: 安西 光昭(円覚)まで
                 TEL 090-3145-2654


◆句会は原則として毎月第2土曜日の午後1時から3時40分まで、主として・高井戸地域区民センターで開催しております。(出席者は10名程度)
一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。 
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。

◆毎回、その月の作品を紹介いたします。
    
・11月の作品の紹介

・11月の兼題は、「焼芋」・「当季雑詠」で4句です。
                 出題:安西 円覚


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


・焼芋や歌劇の町に笛高く    森田 峠  
・焼芋や月の叡山如意ヶ嶽    日野 草城
・焼芋を割って話しを切り出せり 老川 敏彦
・公園の裏口の焼芋屋かな    安住敦
・焼芋屋いつもの闇に来ていたり 児玉 仁良
・焼芋をひそと食べをり嵐山   波多野 爽波
・青空に焼芋の煙立ちのぼる   平田 洋子

    
                                                                  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



岡村 一道

・雪蛍目隠しされたごとく舞ふ


芳村 翡翠

・声ばかり路地に来ており焼芋屋


安西 円覚

・焼芋と一本空けし赤ワイン


堀 秀堂

・温暖化焼き芋よりもアイスもて


中邑 雅子

・焼芋の売り声にほひ昭和かな

坂井 百合子

・一人分の料理むつかし土大根

山路 久美子

・スーパーに満ちたる香り焼芋や


吉野 かおる

・焼芋の売り声真似て子等の行く


荻須 節子

・ビール箱の裏に座っておでん酒


森 美奈子
秋灯下ページめくる手止まりおり
 
五井 夢
どどんどどん炎めらめら焼いもごと

高橋 洋子
芋焼ける待つ間の畑仕事かな




◆次回の定例句会は、12月9日(土)13時〜15時40分
               於 高井戸地域区民センター

  兼題は、「神の留守」・「当季雑詠」で4句提出

◆句会についてのお問い合わせ先: 安西 光昭(円覚)まで
                 TEL 090-3145-2654
メインメニュー
最新の活動報告
活動報告のカテゴリ一覧
リンク