活動報告 - m-anzaiさんのエントリ


◆句会は原則として毎月第2土曜日の午後1時から3時40分まで、主として久我山会館・高井戸地域区民センター等で開催しております。(出席者は10名程度)一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。


◆毎回、その月の作品を紹介いたします。
    
・8月の作品の紹介

・8月の兼題は、「踊」・「当季雑詠」で3句です。
                出題:安西 円覚                
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・はじまらん踊の庭の人ゆきき       高浜 虚子
・踊るらめ女泣かせぬ世の来るまで     中村 草田男
・通り雨をどり通してはれにけり      松本 たかし
・割り込んで小さく踊り始めけり      藤井 紫影
・をみならにいまの時過ぐ盆踊       森  澄雄

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

俵木 陶光

・風に乗り今宵も踊の遠太鼓


岡村 一道

・熱帯魚踊る深夜のタカラヅカ


芳村 翡翠

・海暮れて海峡の町盆踊り


長岡 帰山

・踊る子の輪をはなれきて帯直す


安西 円覚

・県知事のからまる足や阿波踊


片山 朝陽

・両の手を翳して盆の月掬ふ


堀 秀堂

・母娘振りをそろえて踊る盆


浦田 久

・墨田川夜空を切り裂く花火かな


小林 美絵子

・踊りゆくその鈴下さい跳ね人よ


中邑 雅子

・踊り手の眼尻の紅のにじみたる

 
坂井 百合子

・踊り来る笠美人連足袋白し


五井 夢

・舞い踊りミミズはミイラ朝日が昇ぼる


荻須 節子

・たくましき踊り櫓の撥捌き


菊池 幸

・ひぐらしや湖底に眠る故郷あり


山路 久美子

・道玄坂外
(と)つ国人(くにびと)の盆踊り

村林 小枝子

・雨上り朝顔の鉢門々に


吉野 かおる

・エイサーや首里の都は風吹くる



◆私の一句   
  夏草や怒涛うけとむ城ケ島
 俵木 陶光


     「城ケ島の雨」   北原白秋
   雨はふるふる城ケ島の磯に
   利久鼠の雨がふる
   雨は真珠か夜明の霧か
   それともわたしの忍び泣き
   ・・・・・・・・

 北原白秋は福岡県柳川から文学に目覚め上京し文壇での地位を固めつつあった。25歳の時、原宿に転居し隣家の人妻に情を通じ、姦通罪で告訴拘留された。翌年、離婚された彼女と正式に結婚し、都会の喧騒から逃れ、神奈川県の三浦市に移り住んだ。そこで生まれたのが「城ケ島の雨」であった。その後、色々あって彼女とは別れ新たに結婚、離婚をくり返し三度目の正直で終止符を打ち1男1女を儲けている。
 
 城ケ島には3回行っている。
。械看前の昭和60年2月3日(日)節分の日。当時は大学、教務課の事務職員として在学生の進級、留年編入学などの処理、2学部2学科入学試験の受付、準備、泊り込みでの対応など夜間部の書類選考の繁忙期、私的には俳句会二つ、同人雑誌の会合、その他諸々。そんな時、最初は横浜の港あたりをぶらついて英気を養うつもりだった。それがつい横浜で降りそびれ終点の三崎口から更にバスに乗り継ぎ城ケ島まで行ってしまった。
 城ケ島の大きさは、比べてみるとざっと横が荻窪駅から西荻窪駅まで、縦が阿佐ヶ谷駅から区役所までと言った感じである。
島の東は県立の公園ということで遠く大島まで望むことが出来る。句碑もあった。
 ・火の島へ一帆目指す草の露  角川源義
 海岸へ出ると白浪が岩礁に当たって、その度に餌を探していた鵜が飛び上がっていた。断崖の岩場には沢山の海鵜がいて営巣地ともなってをり、その展望台もあった。海岸までの細道があったので坂道を下りそのあたりを散策し途中まで戻って振り返ってみると十数匹の野犬が歩いていた。もし誰もいない海岸でこれらと遭遇していたらどうなっていただろう。
      ・白涛の打って鵜の散る春の礁   陶光
      ・遅れ鵜も辿り着きたる日永かな
      ・城ケ島水平線を春の綺羅
そこからハイキングコースの海の道に出、食事をとった。。焼いてもらった魳(かます)が旨かった。近くには立派な旅館もあった。きょうは出たとこ勝負の一人旅であったが楽しい一日となった。これで4月新学期の授業が軌道に乗るまでの英気が養えたと思った。

∩芦鵑ら14年後の平成11年10月23日(土)。同人雑誌「どんぐり」の秋のハイキングを計画し、品川駅9時10分 参加者5名
三崎口からのバスの便が悪く、城ケ島大橋の手前までのバスとなってしまった。しかし、これが幸して風に吹かれながら長さ600m高さもある橋をのんびり渡った。車も殆ど通らず右手には遠く房総半島が望まれた。白秋記念館にも立ち寄りいよいよ島巡りが始まった。岩などを掴まりながら頼朝伝説の井戸跡(水っ垂れ)へ出、鬼の洗濯板を渡ると急に視界が開け、磯辺の松も一幅の絵のようであった。砂がピンク色した所もあってよく見ると桜貝などが細かく砕けたものであった。
角川源義の他にも二つほど句碑、歌碑があった。

  ・松虫にささでねるとや城ケ島   松本たかし

  ・先生のうたひたまへる通りやの  宮 柊二
   さざなみひかる雲母のごとく
 
 海鵜の展望台から南の海岸へ出ると馬の背洞門があり、大きく岩がえぐれていて向う側の海も窓越しに見るようでいい景色を作っていた。遅い昼食をとり帰途についた。大きな富士山が見え東京に入る頃はひと月遅れの十五夜の月が低くビルの間を漂っていた。

 前回より11年後のH22年3月17日(水)「すぎなみ学びの楽園」主催の「城ケ島・三崎自然文化探索会」に申し込み、当日8時20分品川駅に集合した。そこで偶然、長岡帰山さん御夫妻たちと出会った。終始行動を共にしたわけではなかったが。今回は3回目だったせいか全体に印象が薄かった。後日帰山さんの写真や記憶をつなげてみたい。とりあえずその時の俳句だけを若干並べてみた。

・どんよりと三浦海岸花曇り   陶光
・菜の花や潮香まじりし磯の道
・対岸の通り矢のはな霞みをり
・春の鳶手の届くかに風に舞ふ
・春霞更に大島遠ざかる

その後、白秋は作詞、作歌活動を重ね晩年には、多摩短歌会なども立ち上げていた。50歳を越すと糖尿病などにもかかり、また転居も多かった。最後は杉並区阿佐ヶ谷北5丁目1番地に住んでいた。1942年(昭和17年)11月2日自宅で逝去、多磨墓地に永眠している。

 童謡も数多くつくられているが思い出に10題程並べて見た。
1.雨(雨が降ります・・・遊びにゆきたし傘はなし
2.赤い鳥 小鳥(なぜなぜ赤い赤い実をたべた
3.揺籠のうた(・・・をカナリヤが歌うよ
4.五十音(水馬(あめんぼ)赤いなアイウエオ
5.砂山(海は荒海向うは佐渡よ
6.からたちの花(・・・が咲いたよ、白い白い花が咲いたよ
7.ペチカ(雪のふる夜はたのしいペチカ
8.待ちぼうけ(・・・ある日せっせと野良かせぎ
9.この道(・・・はいつか来た道、ああそうだよ
10.アメフリ(アメアメフレフレ、カアサンガ




  

◆次回の定例句会は、9月14日(土)13時〜15時40分
                於 高井戸地域区民センター 
  兼題は、「団栗」・「当季雑詠」の3句提出
                               
◆句会についてのお問い合わせ先: 安西 光昭(円覚)まで
                 TEL 090-3145-2654

◆句会は原則として毎月第2土曜日の午後1時から3時40分まで、主として久我山会館・高井戸地域区民センター等で開催しております。(出席者は10名程度)一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。


◆毎回、その月の作品を紹介いたします。
    
・7月の作品の紹介
(先月まで選句は陶光先生でしたが今月から各自選とします)

・7月の兼題は、「夏草」・「当季雑詠」で3句です。
                出題:安西 円覚                
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・夏草に延びてからまる牛の舌       高浜 虚子
・夏草に汽罐車の車輪来て止る       山口 誓子
・夏草や手ふれて見たき仏の朱       加藤 楸邨
・長柄大鎌夏草を薙ぐ悪を刈る       西東 三鬼
・伸びることのみに徹する夏の草      福田 甲子男

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

俵木 陶光

・夏草や怒涛うけとむ城ケ島


岡村 一道

・キューポラの在りし街並夏の草


芳村 翡翠

・夏草や声なき兵士埋もれゆく


長岡 帰山

・夏草の匂ひ残して刈られけり


安西 円覚

・夕さりの夏草の中獣の眼


片山 朝陽

・廃線を覆い尽して夏の草


堀 秀堂

・夏草や夜空を飾る大文字


浦田 久

・夏草や溢れし緑に夜の露


山下 天真

・夏草や遥かな富士と背くらべ


関口 静安

・亀の鳴く老人ホームの甲羅焼き


小林 美絵子

・夏草へ四つ葉生まれる薄曇


中邑 雅子

・水門の鉄鎖の錆や草いきれ

 
坂井 百合子

・帰りたる子ら夏草の匂ひして


五井 夢

・火の用心!夏夜に淀む爺の声


荻須 節子

・秘密基地あつたはずだね夏の草


菊池 幸

・眉山
(びざん)越え光となりぬ燕の子

山路 久美子

・極北にリラの香りと半月と


村林 小枝子

・くちなしの甘き香りや光る白


吉野 かおる

・夏草に補助輪外す男
(お)の子かな


◆私の一句
    
  蝶の旅この海峡を越へむとす
 中邑 雅子

 2年ほど前、晩秋の高知県立牧野植物園を高知を訪れた旧友と散策していた時のこと、珍しい蝶が群れて飛んでいる場所があり、カメラを手にした老婦人が私達に話しかけてきました。
「アサギマダラ、ご存知ですよね。”彼ら”はこの花『フジバカマ』が大好きなんですよ」
珍しいこの蝶は「アサギマダラ」でした。確かに”彼ら”はフジバカマの周辺を飛んでいて他の花へは移って行こうとしません。
更にその女性は、
 「この蝶は『渡り』をすることで有名ですよ。私は今日この蝶を撮影に来たんです。」
そう言われて周りを見回すと何人かの人がカメラを構えてシャッターチャンスを狙っています。友人と私は納得して、しばしその風景を眺めたことでした。
 後日、図書館で「アサギマダラ」についていくつか調べてみました。
「アサギマダラ」(マダラチョウの仲間)は翅の白っぽい部分が浅葱色(水色)にも見えることからこう呼ばれる。”彼ら”は春から初夏にかけて沖縄から北上し、本州などで世代交代した後、秋には南をめざして移動する。日本には移動する昆虫としてアキアカネやイチモンジセセリがいるが長い距離を移動するのはアサギマダラだけである。”彼ら”が「旅」をすることがわかったのは1981年なのでその生態や「旅」の謎は解明されていない点が多いが最近はマーキング調査でかなりの情報がわかるようになった。
 基本的には近畿から東北地方にかけての標高1000m前後でヨツバヒヨドリという花の咲いている場所でよく見られるとのことですが、確かにフジバカマはヨツバヒヨドリによく似ています。秋の七草のひとつとしてよく知られているフジバカマはかって河川敷などで見ることができましたが今では絶滅危惧種になっています。
 アサギマダラが「旅」をするとわかり、安西冬衛の有名な一行詩の、
「てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った。」を思い出し、恥ずかしながら「本歌取り」を試みたというのが本音です。ちなみに学術的には「蝶」は昆虫なので「一匹」ではなく「一頭」と数えるのだそうです。
 
 

◆次回の定例句会は、8月10日(土)13時〜15時40分
                於 高井戸地域区民センター 
  兼題は、「踊」・「当季雑詠」の3句提出
                               
◆句会についてのお問い合わせ先: 安西 光昭(円覚)まで
                 TEL 090-3145-2654

◆句会は原則として毎月第2土曜日の午後1時から3時40分まで、主として久我山会館・高井戸地域区民センター等で開催しております。(出席者は10名程度)一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。


◆毎回、その月の作品を紹介いたします。
    
・6月の作品の紹介
・6月の兼題は、「入梅」・「当季雑詠」で3句です。
                出題:安西 円覚
                選句:俵木 陶光
              
       
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・樹も草もしずかにて梅雨はじまりぬ       日野 草城
・梅雨に入る仕立屋の炉は低きまま        香西 照雄
・大寺のうしろ明るき梅雨入かな         前田 普羅
・ひそかなる恋そのままに梅雨に入る       桂 信子
・かたつむり甲斐も信濃も雨のなか        飯田 龍太





  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


俵木 陶光

・息とめて弓まっすぐに梅雨の的


岡村 一道

・傘逆さ子等下校する走り梅雨


芳村 翡翠

・月いでて箱根のやまも梅雨入かな


長岡 帰山

・現
(うつつ)とも夢とも梅雨の古代蓮

安西 円覚

・半世紀弾かれぬピアノ梅雨に入る


中邑 雅子

・花束の重さよ今朝の梅雨入かな


小林 美絵子

・黒いつえテーブルに掛け梅雨に入る


片山 朝陽

・古武道の立ち居や黙の技涼し


堀 秀堂

・梅雨に入る海賊船の見え隠れ


浦田 久

・万物の生長願ふ梅雨入かな


荻須 節子

・入梅や夜の銀座のクレーン車


村林 小枝子

・梅雨重く空と海との境なし

 
菊池 幸

・野に満つる草の息吹や夏点前


五井 夢

・雨垂れの滴一滴梅雨に入る


坂井 百合子

・梅雨に入りようやく終えし洗濯機


◆私の一句
    
  降り立ちてより日本の鶴となる
 長岡 帰山
 
 自分の想いを感情と共に表現できる物は、幸せ者である。
 感情と共にその場や表現のスタイルに出会える人は幸せ者である。
 そうでなければ私達の心に願いつづけているそれらは、形をなすことなく次々と流産していくばかりである。

 折々の感情や概念は、表現されることによって周囲や自分自身にとっても、確かなものとなる。
したがって、私達の表現がその場の存在証明にかかわる緊迫した課題となる。

 それが季語を有する十七音の韻文であっても、気功太極拳・白鶴の舞であっても全く変るものではない。その約束を共有して伝統を守るか、自由に他の表現様式をとるかは、現代の個人の詩(ポエム)たらんとするとき葛藤をはらむのだ。

 空中に曲がり角あり鬼やんま   帰山


     
◆次回の定例句会は、7月13日(土)13時〜15時40分
                於 高井戸地域区民センター 

  兼題は、「夏草」・「当季雑詠」の3句提出
                               
◆句会についてのお問い合わせ先: 安西 光昭(円覚)まで
                 TEL 090-3145-2654
◆文責:  俵木 敏光(陶光)

◆句会は原則として毎月第2土曜日の午後1時から3時40分まで、主として久我山会館・高井戸地域区民センター等で開催しております。(出席者は10名程度)一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。


◆毎回、その月の作品を紹介いたします。
    
・5月の作品の紹介
・5月の兼題は、「豆飯」・「当季雑詠」で3句です。
                出題:安西 円覚
                選句:俵木 陶光
              
       
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・豆飯や軒うつくしく暮れてゆく       山口 青邨
・蓋取れば湯気もみどりの豆の飯       松本 恒子
・豆飯や小鳥のやうに豆を食ふ        上野 美智子
・空ひろき越後に社の笹粽          森  澄雄
・美しき緑走れり夏料理           星野 立子




  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


俵木 陶光

・豆飯や平成雨で終りたる


岡村 一道

・今日も炊く新婚の日の豆の飯


芳村 翡翠

・家族皆戦争知らず豆の飯


安西 円覚

・おそらくは十年ぶりの豆ご飯


片山 朝陽

・喉見せてこぼれんばかり燕の子

小林 美絵子

・豆ご飯母は水玉ワンピース


中邑 雅子

・豆飯のおにぎり二つ妻の留守


荻須 節子

・小鳥バス分水嶺は五月晴れ


長岡 帰山

・万緑や中に朱色の五重塔

 
山下 天真

・ブローニュの森の木洩れ日風薫る


山路 久美子
 
・光り満ち風吹き渡る竹の秋
 

菊池 幸

・遠き日の思い重ねし二輪草


坂井 百合子

・夕餉にはまず豆ご飯豆ご飯


堀 秀堂

・豆飯の豆を掴めぬ子供達


村林 小枝子

・香の皿豆飯味噌汁あさの膳


五井 夢

・師の旗をなびかせて行く夏のデモ


浦田 久

・思い出は豆飯炊ぐ母の顔



◆私の一句
    
  雪吊を解かれて松の深呼吸
 片山 朝陽
 
  東京オリンピックを1年後に控えて慌ただしくなってきました。前回は開会式を生で観戦したので今回は男女マラソンを早朝の沿道で観戦しようと考えています。他の競技は全てテレビで観戦予定です。  
私が38才の時、開催されたミュンヘンオリンピックに18名の団体に加わり西ドイツに出向きました。たまたま西ドイツ在住の日本人の友人がおり、私を案内したいとの事でした。団長の特別許可を得て3日間だけ団体と別行動 をとる事になりました。友人の案内の2日目の夕方、フランクフルトの市内のある会社のビルの前に車が50台程長い列を作って並んでいました。友人の話では、奥様連中がご主人を迎えに来ているのだという事でした。主人は夕方5時までは会社のもの、5時以降は私のものという妻の考えに基づく日常の光景との事でした。私はこの話を聞いて以降、日本においても色々な物事を判断する上で大変役立つ経験となりました。
 
 月刊誌「銀座百店」に投稿入選した句

   朝市や露の宿りし野菜買ふ
   ワイパーの力出し切る梅雨深し
   パントマイムの眼(まなこ)うごきて秋暑し
   盲導犬牡丹のそば歩を緩め
   大泣きの目出度き稚(やや)の初湯かな
   秋風に老犬しっぽもて答ふ      
   
◆次回の定例句会は、6月8日(土)13時〜15時40分
                於 高井戸地域区民センター 

  兼題は、「入梅」・「当季雑詠」の3句提出
                               
◆句会についてのお問い合わせ先: 安西 光昭(円覚)まで
                 TEL 090-3145-2654
◆文責:  俵木 敏光(陶光)

◆句会は原則として毎月第2土曜日の午後1時から3時40分まで、主として久我山会館・高井戸地域区民センター等で開催しております。(出席者は10名程度)一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。


◆毎回、その月の作品を紹介いたします。
    
・4月の作品の紹介
・4月の兼題は、「蝶」・「当季雑詠」で3句です。
                出題:安西 円覚
                選句:俵木 陶光
              
       
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・おんひらひら蝶も金毘羅参りかな      小林 一茶
・日盛りに蝶のふれ合ふ音すなり       松瀬 青々
・方丈の大庇より春の蝶           高野 素十
・蝶墜ちて大音響の結氷期          富沢 赤黄男
・てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った   安西 冬衛
・日本語をはなれし蝶のハヒフヘホ      加藤 楸邨



  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


俵木 陶光

・山頂を離れし胡蝶一直線


岡村 一道

・機関車の鋭き笛や猛き蝶


芳村 翡翠

・てふてふが遠足の子のあと先に


安西 円覚

・約束のやうに蝶来ぬ寛永寺


片山 朝陽

・百年の瘤
(こぶし)の力花に葉に

長岡 帰山

・蝶ふたつ牛の鼻面
(はなづら)舞ひ遊ぶ

山下 天真

・人声は遠くかすかに山ざくら


小林 美絵子

・寺町は空広き町初つばめ


中邑 雅子

・蝶の旅この海峡を越へむとす
 

坂井 百合子

・まとひ付く蝶よあなたは誰ですか

 
荻須 節子
 
・警笛が遠くで鳴りし蝶の昼
 

菊池 幸

・牛の背に日向ぼっこの黄蝶かな


山路 久美子

・訪
(おとな)ひ遊ぶ君が墓前に蝶の舞ひ

堀 秀堂

・使者の蝶庭ひと巡りして去りぬ


浦田 久

・蝶の昼花に飛び交ひ天空へ


五井 夢

・たねまいた ちょうちょ咲いたと指さす子


村林 小枝子

・花くぐり花をくぐりて神田川


篠 幹子

・花吹雪蝶の舞うのを見るようだ


◆私の一句
    
底冷えに鑑真和上目を瞑
(つむ)
          
芳村 翡翠   
奈良に行くと唐招提寺という壮麗なお寺があります。そこに国宝である日本最古 の肖像彫刻があります。鑑真和上(がんじんわじょう)の坐像です。目を瞑られ 結跏趺坐を組まれ、掌は法界定印をむすんでおられます。目を瞑ってというよりは、 すでに盲いられたお姿なのですね。
鑑真和上は唐の揚州に生まれ、14歳で出家し、洛陽・長安で修行を積み、713年に故郷の大雲寺に戻り、江南第一の大師と称されました。
天宝元年(742)、第9次遣唐使船で唐を訪れていた日本人の留学僧・栄叡(ようえい)、普照(ふしょう)から、朝廷の「伝戒の師」としての招請を受け、渡日を決意。その後の12年間に5回の渡航を試みて失敗、次第に視力を失うこととなりましたが、天平勝宝5年(753)、6回目にして遂に日本の地を踏まれました。
以後、76歳までの10年間のうち5年を東大寺で、残りの5年を唐招提寺で過ごされ、天皇を始めとする多くの人々に授戒をされました。日本に仏教の教えを伝えるために決死の覚悟の行動なのでした。なぜ他国である日本にそれほどの苦難を越えて尽くされたのか驚くばかりです。
和上が目を瞑られたのは底冷えのせいではないでしょう。しかし、私には底冷えの厳しさの中の和上の目を瞑られた坐像をみる時感動を覚えるのです。
                             
   
◆次回の定例句会は、5月11日(土)13時〜15時40分
                於 高井戸地域区民センター 

  兼題は、「豆飯」・「当季雑詠」の3句提出
                               
◆句会についてのお問い合わせ先: 安西 光昭(円覚)まで
                 TEL 090-3145-2654
◆文責:  俵木 敏光(陶光)
メインメニュー
最新の活動報告
活動報告のカテゴリ一覧
リンク