• カテゴリ 俳句同好会 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

活動報告 - 俳句同好会カテゴリのエントリ

◆句会は原則として毎月第二土曜日の午後1時半から4時まで、主として久我山会館で開催しております。(出席者は10名程度)
一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。

◆毎回、その月の数名の作品を紹介いたします。

・12月の作品の紹介
・12月の兼題は、冬めく・石蕗(つわ)[の花]です。

◎岡村 一道


・冬めくや永代橋に江戸の風

・逆縁の母の面影石蕗(つわ)の花


◎芳村 翡翠

・静かなるひと日でありし石蕗の花

・日翳れば一気に冬めく駒ケ岳


◎浦田 久

・被災地に孤高の姿つわの花

・つわ咲きて苔むす庭の光かな


◎俵木 陶光

・石蕗の花石垣のみの天守閣

◎山口 月山

・鳴き竜のひびき鋭く冬めきて

◎中邑 雅子

・石蕗の花日だまり多き屋敷町


◆<俳句の寸景>  句碑二つ
     俵木 陶光

 先日106歳の叔母を施設のホームに見舞った帰り、日高市の高麗神社へ寄った。そこには句碑があった。
 ・引獅子や昏れをうながす笛と風   加倉井 秋を   
  獅子舞は正月の季語で一軒一軒廻るのを言うが、この獅子は秋祭りの獅子舞である。引獅子とは引鶴と同じ趣旨で、獅子舞の一行が神社を出て練り歩き、夕方になって再び神社へ戻ってゆくのである。また、昏れをうながす、と倒置法を使ったところに深い味わいがある。でっぽこでっぽこと腹に括った小さな太鼓を打ちながら3頭の獅子を中心に戻ってゆく一行をいつまでも見送っていると寂しさが増して来る。また下五の笛と風は、普通だと、笛太鼓、となるところであるが風としたところで、笛の音が風に流されてゆくのを感じさせる。
 ここを辞して飯能市へ出た。戦前、小学校の入学式が終って担任の先生に連れられて行った産土神の境内にも友人の父君の句碑がある。
 ・稲架取れて野に幻想の獅子の笛   吉良蘇月
稲架(はざ)とは刈り取って稲束を干すための棒組みである。収穫が終ると感謝祭の秋祭である。その村や田にも獅子舞が廻るのである。この句碑の除幕式に招かれて神社の境内で獅子舞を見た。
 ・獅子舞ふやばちを掲げし秋の天   陶光

           

◆<俳句と羊羹との出会い>    俵木 陶光

 今年4月の、このホームページの「私の一句」欄に
  ・此の岸も彼の岸もいま花の雲    山口月山
が掲載されました。このホームページを名古屋の「御菓子司・美濃忠」方の目にとまり、来年の宮中歌会始めの勅題「岸」に因み、勅題羊羹「岸」として売り出すことになりました。その後句会でこの羊羹を味わうことになりましたが、勅題羊羹に相応しい上品な味でした。月山さんの俳句がこの羊羹と共に評判になることでしょう。
  なお、岡村一道さんも「お〜いお茶」の伊藤園のボトルに数回作品が紹介されています。 羊羹とお茶と俳句、合うのかも知れません。
 またこれとは別に芳村翡翠さんの句に「あの世ともこの世ともなく遠花火」がありますので付記しておきます。


◆次回の句会は、1月14日(土)1時半より4時
会場は、久我山会館第一集会室です。
兼題は、初湯(初風呂)・(箱根)駅伝です。

◆句会についてのお問い合わせ先:片山 朝陽(惠夫)(俳句会事務局長) まで
                 TEL 042−675−9449
                 携帯  090−8773−4881

◆文責・俳句同好会会長 俵木 陶光(敏光)
◆句会は原則として毎月第二土曜日の午後1時から4時まで、主として久我山会館で開催しております。(出席者は10名程度)
一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。

◆毎回、その月の数名の作品を紹介いたします。

・11月の作品の紹介
・11月の兼題は、菊・秋惜しむです。

◎山口 月山


・遊歩道日差しの色の秋惜しむ

・床屋出てどっと夕闇秋惜しむ


◎鈴木 健

・さびしさにときを惜しむか曼珠沙華

・それぞれにつつましく立つ菊人形


◎五井 夢女

・秋惜しむ酒に濁(じょく)せるひとありて

・魅了され含まば五臓菊となる


◎俵木 陶光

・秋惜しむ遠き遠野の物語

◎岡村 一道

・銭投げて大道芸に秋惜しむ

◎芳村 翡翠

・白菊へ静かな夜の来ておりぬ

◎長岡 帰山

・波引きし浜に白菊さしてあり


■<白門杉並俳句会 横浜吟行>
俵木 陶光

・平成23年10月6日
・参加者 浦田 久・俵木 陶光・堀 秀堂・芳村 翡翠・片山朝陽・
                           安西 円覚

 横浜の山下公園は関東大震災の時に出た瓦礫を埋め、その上に土を盛って昭和5年に今の公園になった。また、大桟橋は平成6年、国際コンペの最優秀作品を元にリニューアルされたもので、鯨の背と言われている屋根、柱が一本もない構造等さすが。その鯨の背から見た360度の景観は格別。その一角に昔からある防波堤はその形から象の鼻と言われている。幕末の日米修交条約から150年、横浜には様々な文化が混在している。

・パノラマの大桟橋や秋高し           朝陽

・べた凪の船影映る秋の海            久

・秋日和切り絵のごとくかもめ舞ふ        円覚

・浜風に吹かれし芭蕉象の鼻           翡翠

・シャッターを頼みて仰ぐ秋の雲          陶光

・秋深し歴史脈々港町                久

・どこからかジャズの気配や浜の秋        秀堂

 銀杏の実の落ちている舗道を歩いて山下公園に出た。芝生の上では小学校の生徒達が弁当を広げていた。われわれもそこに混じってランチタイムとなった。大きな鳶が頭上真近くご馳走を物色していた。


・「トビに注意」の鳶旋回す秋の昼         陶光

・赤い靴の少女向き合ふ秋の海           〃

・秋の蝶海に向かひて飛び立ちぬ         朝陽

・ベイブリッジ車行き交ふ秋の空          翡翠

・氷川丸白き船室秋高し               秀堂

・氷川丸昭和も遠く秋暮るる             陶光
 

 氷川丸は昭和5年に就航した外国航路の豪華客船で、戦時中は病院船に、戦後は引揚船に転用されるなど昭和の歴史を刻んできた。
 次に向かったのが「港の見える丘公園」。一寸した山坂を登り切ったところに、いま映画監督宮崎駿・吾朗親子のアニメ映画「コクリコ坂から」に出てくる、船のマスト等に掲げる信号旗が高く翻っていた。「航海の安全を祈る」という意味の旗で、ここがその舞台でもある。この旗は大桟橋の突端にも、街の中にも掲げてあった。近くの外人墓地も一寸覗いて、港がよく見えるポートヒルの会館の一室で句会となった。

・コクリコ坂の旗爽やかに風を呼ぶ          陶光

・十月の玫瑰(はまなす)港見下して         〃

・赤とんぼ群れて外人墓地明るし           〃 


吟行句会終了後、中華街に向かい楽しい反省会となった。



◆次回の句会は、12月10日(土)1時半より4時
会場は、永福和泉地域区民センター第一和室です。
兼題は、冬めく・石蕗(つわ)[の花]です。

◆句会についてのお問い合わせ先:片山 朝陽(惠夫)(俳句会事務局長) まで
                 TEL 042−675−9449
                 携帯  090−8773−4881

◆文責・俳句同好会会長 俵木 陶光(敏光)



 
◆句会は原則として毎月第二土曜日の午後1時から4時まで、主として久我山会館で開催しております。(出席者は10名程度)
一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。

◆毎回、その月の数名の作品を紹介いたします。

・10月の作品の紹介
・10月の兼題は、秋全般です。

◎片山 朝陽


・秋空に競ひて蒼き山会津

・砂利を踏み砂利を踏み締め秋彼岸


◎安西 円覚

・倒木の法師蝉鳴く夕べかな

・星月夜水面に出づる河馬の顔


◎堀 秀堂

・台風禍帰る術なき仮の宿

◎俵木 陶光

・コスモスや画伯の弁当酒少々

◎岡村 一道

・山ガールちょうちょのごとく秋の尾根

◎中邑 雅子

・山霧の晴れて思はぬ近さかな


◎肥田 浩一

・刈り終へし田に動くもの何もなし

◎長岡 帰山

・秋灯を天に積み上げ副都心

◎峯岸 まこと

・緩やかに鳳凰が揺れ秋祭



◆<私の一句>
     芳村 翡翠

「走り梅雨野武士の如く犬走る」

今年の六月の句会に出した句です。兼題が「走り梅雨」とあり、なんとなくさーぁと降って来て、止むという、昨今のゲリラ豪雨のような、熱帯性の驟雨のようなものと理解し、まるで野武士が刃を挙げて走り行く、野良犬のような、野生味ある情景を想像し、この句を作りました。



◆10月の句会は、「定例句会」プラス「横浜吟行句会」でした。
 コースは横浜港大桟橋→山下公園→港の見える丘公園(句会)→中華街(食事)
・港の見える丘公園の「ポートヒル横浜」で、「定例句会」・「吟行句会」を行いました。吟行句は、11月の「活動報告」に掲載いたします。

◆句会についてのお問い合わせ先:片山 朝陽(惠夫)(俳句会事務局長) まで
                 TEL 042−675−9449
                 携帯  090−8773−4881

◆文責・俳句同好会会長 俵木 陶光(敏光)



 
◆句会は原則として毎月第二土曜日の午後1時から4時まで、主として久我山会館で開催しております。(出席者は10名程度)
一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。

◆毎回、その月の数名の作品を紹介いたします。

・9月の作品の紹介
・9月の兼題は、月、梨、当季雑詠です。

◎長岡 帰山


・千の手に月光掬ふ観世音

・梨狩や青空ふやしバス帰る


◎中邑 雅子

・水浅黄の空とり戻す今朝の秋

・闇つかむ烏瓜の花ほぐれつつ


◎俵木 陶光

・やはらかき幼子の手を月の道

・人さまざま長十郎にラフランス


◎岡村 一道

・月明り恋人は恋の影つくる

◎山口 月山

・能舞台はねて夕月かかげけり

◎堀 秀堂

・月映ゆる光纏ひて船走る

◎本間 邦子
 
・誤解され後悔しつつ月の道

◎五井 夢女

・月天心吾は輪切りのMRI

 
◆<私の一句>
     堀 秀堂
「木の実降る奉納土俵神さびて」

 日本伝統の相撲を一句にしたいと思っていたところ、秋の祭礼などのとき、その境内でにぎにぎしく催され報ぜられ、その時、兼題の秋の季語の「木の実」と結びついた。神社の森では団栗(どんぐり)を含めて椎(しい)・橡(とち)などが降り拾う。「神さびて」をもってきたのは、神神しく見える、古めかしくなるの意を加え全国的な日本の力の源を表した。大小から言えば明治神宮での横綱の奉納からチビッ子のそれまであるが、前者は見事で片男波部屋に期待したい。明治神宮は思いで深い、小生は近くの神宮1丁目に住んで約16年、最寄の駅はJR原宿駅で幼少の散歩の長男は毎日のように駅長から菓子をいただき、明治神宮内園は顔パスで木の実を拾った。小生の通勤はパスが銀座線外苑前駅で発行されたもので地の利が有った。
句歴と当会
 当俳句会には、当初から参加の一人、その前の俳歴はありません。勿論学校で基本は教わりました。石油大手の社長室戦略参謀の頭では、今だ事物のとらえ方などに異和感があり、川柳風なものは出句せぬよう精進しています。年令や属性を超えて自他共存、日記やメモ替りに創作できるのも魅力です。その土俵の指導者は3人でなかなか粋で、巣立った人もいます。母校にはその俳壇とつながり、白木蓮を記念樹として寄贈し、地元角川庭園区句会に寄与し、合同句集はその都度国会図書館へ永久保存されるなど正道を歩み続け、これもまた魅力です。



◆10月の句会は、「横浜吟行句会」になります。
 10月6日(木)午前9時30分 東急東横線・渋谷駅改札口集合     コースは横浜港大桟橋→開港資料館→山下公園→港の見える丘      公園(句会)→中華街(食事)
 (俳句がない方でも歓迎、申込みは9月24日(土)まで)
   ぜひご参加ください。お待ちしています。

◆句会についてのお問い合わせ先:片山 朝陽(惠夫)(俳句会事務局長) まで
                 TEL 042−675−9449
                 携帯  090−8773−4881

◆文責・俳句同好会会長 俵木 陶光(敏光)
◆句会は原則として毎月第二土曜日の午後1時から4時まで、主として久我山会館で開催しております。(出席者は10名程度)
一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。

◆毎回、その月の数名の作品を紹介いたします。


・8月の作品の紹介
・8月の兼題は、かき氷、夜の秋です。

◎俵木 陶光

・雨音の叩きはじめし夜の秋

・たかだかと流るる雲や夜の秋

◎中邑 雅子

・仰ぎ見てたじろぐ土佐の積乱雲

・果たされぬ約束のあり蝉しぐれ

◎浅沼 青女

・手枕で崩るるを待つ雲の峰

・憂きことはみな捨て去りて夜の秋

◎岡村 一道

・しゃりしゃりと赤富士出来るかき氷

◎山口 月山

・ようやく暮れし湖(うみ)白々と夜の秋

◎長岡 帰山

・夜の秋オンザロックの氷鳴る

◎肥田 浩一

・盃のふと手が止まる夜の秋



◆<私の一句>
     片山 朝陽
「夏蝶や乱数表を連れて飛び」

 何年か前の旧盆に郷里に帰った際、打水をした庭先を蝶々が飛んでいた。まるで乱数表を背負っているかのように・・・・。今宵の宿はどこにしようかな・・・・誰も知るよしもない。
ひょっとして宇宙の彼方へ 乱数表をパラボラアンテナに変えて・・・・




◆次回の句会は、9月10日(土)1時半より4時
会場は、角川庭園詩歌館です。
兼題は、月・梨です。
会員が持ち寄った俳画・スケッチの展示も有ります。

◆10月の句会は、「横浜吟行句会」になります。
 10月6日(木)午前9時30分 東急東横線・渋谷駅改札口集合     コースは横浜港大桟橋→開港資料館→山下公園→港の見える丘      公園(句会)→中華街(食事)
  (俳句がない方でも歓迎、申込みは9月24日(土)まで)
   ぜひご参加ください。お待ちしています。

◆句会についてのお問い合わせ先:片山 朝陽(惠夫)(俳句会事務局長) まで
                 TEL 042−675−9449
                 携帯  090−8773−4881

◆文責・俳句同好会会長 俵木 陶光(敏光)
メインメニュー
最新の活動報告
活動報告のカテゴリ一覧
リンク