活動報告 - 俳句同好会 (白木蓮俳句会) (R.3.9.11)  No.135

俳句同好会 (白木蓮俳句会) (R.3.9.11)  No.135

カテゴリ : 
俳句同好会
執筆 : 
m-anzai 2021-9-26 9:23

◆句会は原則として毎月第2土曜日の午後1時から3時40分まで、主として久我山会館・高井戸地域区民センター等で開催しております。(出席者は10名程度)一度ふらっと覗いてみて下さい。その上で、ぜひ仲間になって下さい。
句会が終わると駅前の蕎麦屋でちょこっとやったりもします。

◆毎回、その月の作品を紹介いたします。
    
・9月の作品の紹介

・9月の兼題は、「十六夜」・「当季雑詠」で3句です。
                 出題:安西 円覚


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



・十六夜やちひさくなりし琴の爪   鷲谷 七菜子
・十六夜や品川に海ありしころ    藤田 湘子
・十六夜の船の寄り行く島三つ    有馬 朗人   
・草照りて十六夜雲を離れたり    橋本 多佳子 
・十六夜の草分け濡らすふくらはぎ  向田 貴子
・十六夜の雨の日記をつけにけり   五所 平之助    
・十六夜の地の香を放つ大欅     加藤 耕子              


                                                                          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



俵木 陶光

・十六夜の都電大きく曲りゆく


岡村 一道

・十六夜や無事に着いたとかぐや姫


芳村 翡翠

・十六夜の影うるわしく相模灘


安西 円覚

・十六夜やグラスの氷溶ける音


中邑 雅子

・十六夜の月よ薄に合ひに来よ

 
小林 美絵子

・十六夜の喪服の人と目の合いて


坂井 百合子

・煮魚もほどよく炊けて十六夜


荻須 節子

・十六夜の街騒遠く届きをり


山路 久美子

・十六夜や雲より出でて雨上る


吉野 かおる

・曲芸師十六夜月をもてあそび


菊池 幸

・独り言増えるばかりの秋の暮


関口 静安

・空見上げ台風の雲美しく




 
◆次回の定例句会は、10月9日(土)13時〜15時40分
               於 高井戸地域区民センター
(注)会場変更
当初、永福和泉地域区民センターでしたが、会場に空きが出ましたので
いつも通り上記、高井戸地域区民センターに変更になります。
よろしくお願いします。

  兼題は、「蜻蛉」・「当季雑詠」で3句提出


◆句会についてのお問い合わせ先: 安西 光昭(円覚)まで
                 TEL 090-3145-2654

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.suginami-hakumonkai.net/modules/d3blog/tb.php/322
メインメニュー
最新の活動報告
活動報告のカテゴリ一覧
リンク