活動報告 - m-minegishiさんのエントリ



新年明けましておめでとうございます!

中央大学学員会東京杉並区支部では、毎月幹事会を開催し、各委員会、地区会、同好会からの報告を確認するとともに、今後の支部行事の計画や運営について協議を行っています。

今年最初にあたる1月の幹事会を、1月14日(土)に開催しました。
幹事会は、通常杉並区立の集会施設で会議形式で行いますが、1月だけは和風レストランで開催し、幹事会の後は役員新年会を行うことが恒例になっています。

まず幹事会の冒頭に、大森支部長から、新年にあたり支部の抱負を伺いました。
支部長からは、学員会は同窓会として、ひとつには同窓会員の親睦を図ることはもちろんだが、一方大学の卒業生として大学の発展の為に寄与することも大切であり、現役の学生を支援して行くことを忘れてはならない、
また会員数が、年間の入会者数と退会者数(物故含む)が拮抗していて横ばい状態なので、今年はもっと増やせる方向に、ひとりひとりが努力しよう、
などが語られました。
その後各部からの報告、今後の予定とスケジュール調整などを行い幹事会を終了。

それから、役員新年会に移りました。
役員一同、今年もがんばって参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。












参考:平成29(2017)年1月現在
支部委員会数: 8
 ・総務委員会
 ・事業委員会
 ・組織委員会
 ・広報委員会
 ・会計委員会
 ・ボランティア委員会
 ・会員増強委員会
 ・インターネット委員会

地区会数: 4
 ・阿佐ヶ谷・高円寺地区会
 ・荻窪地区会
 ・西荻・西武沿線地区会
 ・京王・井の頭沿線地区会

同好会数: 8
 ・ゴルフ同好会
 ・中大スポーツを応援する会
 ・カラオケ同好会
 ・俳句同好会
 ・ハイキング同好会
 ・グルメ同好会
 ・居酒屋同好会
 ・音楽・オペラ・随筆同好会
※なお、旅行同好会は現在休眠中>旅行は支部行事として、支部が行っています。 

特別会: 2
 ・平成会
 ・旅行会

(総務委員会)

--

カラオケ同好会 (H28/7/24)

カテゴリ : 
カラオケ同好会
執筆 : 
m-minegishi 2016-7-26 21:00
カラオケ同好会が再発足しました。
第1回は、7月24日(日)に阿佐ヶ谷駅に至近の 「唄ごよみ」(コモンズビル 6階)で開かれました。
大森悦朗支部長、栗原廣司相談役始め6名が参加しました。
ムード歌謡や演歌、唱歌などなど日頃の練習の成果が披露されました。



次回は、8月28日(日)19時から同じ場所で開かれます。ふるってご参加ください。
参加の連絡やお問い合わせは下記にお願いいたします。

◇カラオケ同好会長 峯岸 誠
 電話&FAX 03−3311−2492
 携帯電話 090−9130−2130
 Eメール mine_m_h@d2.dion.ne.jp


 杉並支部の定期総会が6月25日(土)に杉並会館マツヤサロン、末広の間において開催されました。
 総会は、学員会副会長の高嶋民雄様はじめご来賓の臨席のもとで行われました。冒頭、昨年の総会以降の物故者への黙祷が行われ次いで、大森悦朗支部長の挨拶がありました。
議長団に副支部長の太田哲二、長田茂両氏が指名され議事に入りました。議事は平成27年度の事業報告、決算報告、監査報告が行われ承認されました。また、平成28年度の事業計画、予算案も承認されました。
 懇親会は、孔雀の間で記念撮影から始まりました。ご祝辞を大学から大村雅彦常任理事、学員会から高嶋民雄副会長から頂き、開宴となりました。食事と懇談の進む中で支部カラオケ同好会員の披露もあり、最後は大学校歌を全員で斉唱してお開きとなりました。











<第3号議案 平成28年度 事業計画>は次の通り
1 基本方針
  和をもって、会員相互の理解と親睦を図る。
  母校ならびに地域社会への貢献を図り、中央大学杉並高校との交流を
  深める。
  地区会及び同好会の充実を図り、新会員の増強を図る。

2 支部行事の開催
  支部活動への理解と会員相互の理解および親睦を図るために総会を
  開催する。/平成28年6月25日(土) 杉並会館
  地域社会への貢献と会員相互の親睦を図るために学術講演会を
  開催する。/平成28年12月3日(土) セシオン杉並
  会員相互の理解と親睦を図るために旅行会等の充実化を図る。
  /平成28年9月25日(日)〜26日(月) 四万温泉方面

3 母校中央大学への貢献
  箱根駅伝や東都大学野球等のスポーツや文化活動を支援する。
  ホームカミングデーなど学員会主催の行事に参加する。
  /平成28年10月23日(日)
  母校の各種事業に協力、参加する。

4 杉並区・地域社会への貢献
  暮らしに役立つ法律・税金セミナーを開催する。
  /平成28年10月1日(土) 産業商工会館
  「杉並わが町クリーン大作戦」に参加する。
  /平成28年10月16日(日) 阿佐ヶ谷駅北口〜早稲田通り
  地域社会への貢献と会員相互の親睦を図るために学術講演会を
  開催する。(再掲)/平成28年12月3日(土) セシオン杉並
  「落ち葉感謝祭 2016」に参加する。
  /平成28年12月(未定)

5 支部活動への理解
  会報「白門杉並」を年2回、発行する。
  ホームページのさらなる充実を図る。
  杉並フェスタに参加し、活動の周知と会員増強を図る。
  /平成28年11月5日(土)〜6日(日) 桃井原っぱ公園

6 会員相互の活動と交流
 ・地区会と同好会を通して、会員相互の交流と親睦を図る。

7 支部財政の健全化
 ・新会員の加入を促進し、支部財政の健全化を図る。

以上

--

カラオケ同好会 (H27/10/5)

カテゴリ : 
カラオケ同好会
執筆 : 
m-minegishi 2015-10-6 6:30
 カラオケ同好会は永らく木村一昭さんが会長として、月例で開催されていました。
第2代会長の酒井政國さんの頃は、年2回の開催となりました。
平成27年の秋に、私が担当することになりました。

 思うに、日本の義務教育音楽の成果か、それともカラオケをはじめとする音楽機器の飛躍的発展のためか、日本人は相当上手に歌えるようになりました。

 歌を歌う効果の一つは、ストレス発散などの健康面の効果があります。しかし、それだけではありません。自己アピール・自己表現が自然に上手になります。それから、歌うことによって様々なコミュニケーションがアップします。

 他人(プロ歌手)が歌う歌で励まされたりすることも多いのですが、自分が歌うことによって、より大きな効能がもたらされるのではないか、と思います。

  カラオケ同好会 新会長  峯岸 誠

--
メインメニュー
最新の活動報告
活動報告のカテゴリ一覧
リンク